「格安SIM」 多くの会社が参入し若者をはじめとしておよそ15%のシェア率となりましたが、まだまだネット上での契約が壁となっている。

2017年02月27日

「格安SIM」 多くの会社が参入し若者をはじめとしておよそ15%のシェア率となりましたが、まだまだネット上での契約が壁となっている。  働き世代の平均8千円という毎月高額となっています。 高齢者の携帯代も高額なため、必要最低限の価格で利用できるようにしなければならない。 「格安SIM」2 高齢者利用サポート含め、3千円程度に収まるように地域ごとで代理店が増えていくこと進めなければいけないと思います。 一生支払い続ける携帯代金月に8千円程度でも、年間10万円。 スマホのアプリにより高齢者支援も進むなか、ネット代金が大きな足かせとなっている。 「格安SIM」3 若者の地方離れが進む中、地方の介護サービスも人手不足で悩まされている。IT社会として進む中で合理的にかつ安心して生活が出来るように、しっかりとした改善が必要である。

Page Top